店主からのお知らせ

ごあいさつ

長期保存食としての梅干の需要も、戦後より徐々に様変わりし始めました。

世界から多種多様な食文化が広がり、日本人の食も、当然多様となりました。小さい頃から”すっぱい・しょっぱい・苦い”を体験しないでいることも珍しくない時代となりました。

本来の梅干は、賞味期限はあれども、消費期限はいつまで続くのでしょうか。3年、5年、10年、そして20年と人間の成長のように梅干も成長し、円熟してゆきます。

にがり(海水に含まれるミネラル成分)を含む塩もまた、梅干をまろやかに、そして美味にします。健康であることは、自然であることだと、梅干が教えてくれるようです。

昨今のダイエットや健康に対して意識が高まる中、私達が自分の力で健康や延命を守りそして願うのであれば、自然であることや、無理をしないことなど、当たり前であることを梅干作りを通して忘れてはならないと思います。

ご家庭でおばあちゃんが漬ける梅干の味が、お母さんの漬ける味に。そして私へ…と、梅干が愛される時代がいつまでも続くと幸せかなと思います。

美味しい梅干をいつでもご家庭にお届けしたい気持ちで梅干を販売しております。

これからも”UMEBOSHI”を食文化に残してゆきたいと願っております。

藤屋商店 店主